作者別: admin

3つの違いの意味

自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準は全く異なるものです。裁判所の考え方や判例などを参考にしたのが弁護士基準となります。自賠責基準と任意保険基準はあくまでも最低限という認識で問題ありません。後遺障害となった後の生活は今までよりも大変となるため、少しでも多くのお金を得たいと思うのは当然です。最低限の示談金を得るだけなら保険会社の言う通りに進めれば問題ないものの、適切な賠償金額ではありません。

保険会社はあくまでも営利企業です。少しでも支払いを少なくするのが仕事といっても過言ではありません。だからこそ、弁護士基準について何か適切なアドバイスをしてくれる訳ではなく、弁護士が介入する前に全てを終わらせたい狙いもあります。弁護士に依頼するとなると、弁護士費用がかかってしまうものです。ただ、この弁護士費用を差し引いたとしても、当初の提示額を上回る賠償金を獲得できるでしょう。

必要な書類を全て揃えてくれて、保険会社との交渉にしても全て弁護士が対応してくれます。治療に専念できる環境を整える意味においても、弁護士に依頼する意味は大きいのは間違いありません。保険会社との勝負といっても過言ではなく、弁護士というパートナーがいるからこそ、適切な対応ができるものです。

保険会社との示談

交通事故に遭ってからおよそ6ヶ月が経過した頃は症状固定の目安になります。症状固定とはこれ以上はどう治療をしても良くならない段階です。この段階で保険会社は示談を持ちかけるのが基本となります。提示される金額は決して安くはないからこそ、納得してしまう方も少なくないものの、疑うべきです。知らない間に認定された等級に基づき、損害賠償金が支払われる可能性は否定できません。

一切の透明性がないまま手続きが終わってしまうと、大きな損に繋がる可能性は大いにあります。だからこそ、専門家である弁護士に相談するのが重要です。保険会社はプロフェッショナル集団であり、どのように被害者が納得して示談を成立させるかの何たるかを分かっています。弁護士が間に入っての対応なら、全く話は異なるものです。

等級に基づくといっても、自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準は大きく変わっていきます。しかし、保険会社はこの事実を決して教えてはくれません。いち早く示談を成立させれば、それ以上のことは全て被害者本人が対応しないといけなくなります。専門家である弁護士の存在が保険会社にプレッシャーを与え、自然と適切な対応に繋がっていくのは間違いありません。

交通事故と後遺症

交通事故に遭ってしまう可能性は誰しもにあります。そして、交通事故に遭ったのが理由で後遺障害になってしまう可能性も否定はできません。当然ながら今後の生活を送るにあたって大きな影響を与えてしまいます。仕事ができなくなって生活を送ること自体に制限がかかる場合も少なくありません。実際に交通事故に遭って後遺障害となる方はおよそ5%です。低いとは言い難いパーセンテージといえるでしょう。

問題となるのは、交通事故に遭って後遺障害となった後にどういった対応をするかです。大きなポイントになるのが弁護士特有の弁護士基準で加害者に請求すべきという点でしょう。自賠責基準と任意保険基準を大きく超えるだけの大幅な慰謝料の増加が見込めるからこそ、適正な慰謝料を請求したいと思うのなら弁護士に相談をするのが望ましいといえます。保険会社からすれば少しでも支払いを少なくしたい狙いがあるのが事実です。

弁護士の存在がいる以上、自分らのペースで進めるのは難しくなり、自然と適正な慰謝料の請求ができるようになります。そして、保険会社は営利企業であるからこそ、必要最低限の補償で抑えるべく、示談を進めようとするものです。被害者の方本人が対応するのは多くのリスクがあるのを知らないといけません。

当サイトでは交通事故に遭って後遺障害となった後に弁護士に相談しての対応がなぜ必要となるのかについて詳しく解説します。該当される方はしっかり参考にして適切な対応に役立ててください。