3つの違いの意味

自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準は全く異なるものです。裁判所の考え方や判例などを参考にしたのが弁護士基準となります。自賠責基準と任意保険基準はあくまでも最低限という認識で問題ありません。後遺障害となった後の生活は今までよりも大変となるため、少しでも多くのお金を得たいと思うのは当然です。最低限の示談金を得るだけなら保険会社の言う通りに進めれば問題ないものの、適切な賠償金額ではありません。

保険会社はあくまでも営利企業です。少しでも支払いを少なくするのが仕事といっても過言ではありません。だからこそ、弁護士基準について何か適切なアドバイスをしてくれる訳ではなく、弁護士が介入する前に全てを終わらせたい狙いもあります。弁護士に依頼するとなると、弁護士費用がかかってしまうものです。ただ、この弁護士費用を差し引いたとしても、当初の提示額を上回る賠償金を獲得できるでしょう。

必要な書類を全て揃えてくれて、保険会社との交渉にしても全て弁護士が対応してくれます。治療に専念できる環境を整える意味においても、弁護士に依頼する意味は大きいのは間違いありません。保険会社との勝負といっても過言ではなく、弁護士というパートナーがいるからこそ、適切な対応ができるものです。